ヴオッコマリキスカイヴァナ・ヘルシンキミウンOVVNミンナ・パリッカリーケ

「赤い山」を意味するプナブオリ地区はショッピングエリアとしてトレンディーでおしゃれなヘルシンキの人達に人気があります。よくリクエストを受けるのでこのルートを載せることにしました。地元の小さなデザイナーのショップを発見してみて下さい!

ヴオッコ

朝10時から開いているポフヨイスエスプラナディにあるヴオッコのお店をスタートポイントにしましょう。ヴオッコ・ヌルメスニエミのデザインはクラッシックでありながら時代を感じさせないものばかり。男性はヴオッコの鞄や帽子をチェックしてみては?お店の奥にはディスカウントコーナーもあります。

ヴオッコの後は、ストックマン・デパートの方へポフヨイスエスプラナディ沿いに歩きます。マンネルヘイミンティエ(Mannerheimintie)をエロッタヤの方面へ左に曲がり、その通りを坂の上まで行ったところを右に曲がるとウーデンマーンカトゥ(Uudenmaankatu)が始まります。

Vuokko, Pohjoisesplanadi 27.

マリキスカ

ポルノショップに代わって、誕生したのがマリメッコのショップの中でも一番小さくて可愛いらしいお店、マリキスカ。ショップのサイズに合った適度なボリュームの洋服、アクセサリー、インテリア雑貨などがセレクトされています。ショップのインテリアも素敵で、古くて味のある床に見惚れることでしょう。

Marikiska, Uudenmaankatu 13.
営業時間:月〜金 午前10:00〜午後6:00、土 午前10:00〜午後3:00

イヴァナ・ヘルシンキ

パオラ・スホネンは、パリとニューヨークのファッションウイークにも参加しとても成功しているフィンランド人の デザイナー。ブランド設立10周年を迎えるこのブランドは、ゴージャスで楽しいミックスの大きなプリントやガーリーなドレスを提案しています。ノプサが特におすすめするものはイヴァナのニットウェア。お店は毎シーズン新しいイメージに様変わりし、新しいコレクションが売り出される前にはサンプルセールが行われます。

ミウンのお店には、通りを渡るだけ!

IVANAhelsinki, Uudenmaankatu 15.

ミウン

2004年にイロナ・ヒュオチュライネンによりスタートしたミウンのコレクション。全ての服はフィンランド製で、バンブー/ビスコース・ジャーシーなどの素材もフィンランドで縫製されている本当のローカル・ブランドです。

次は、イソローベルティンカトゥにある OVVNへ。

Miun shop, Uudenmaankatu 14.

OVVN

ヘルシンキの10人の若手ファッション・デザイナーにより運営されているOVVN。クールなインテリア・デザインを担当するのはMotto Wasabi (モットワサビ)。ノプサのお気に入りの「I Know Why Know」の手編みバンブー/モヘアのニットドレスもここで買うことができます。

ここからはブレヴァルディ通りにあるスペシャルな靴のお店に進んでみましょう・・・

OVVN, Iso Roobertinkatu 17-19.

ミンナ・パリッカ

男性の方、ご注意を! なぜなら多くの女性 がミンナ・パリッカのシューズに夢中になるから!ハイヒール、緋色の唇、小さくてかわいらしいリボン!靴だけではなく、パリッカはニットウェア、グローブやスカーフなど幅広くデザインしています。

Minna Parikka Boutique, Bulevardi 24.

リーケ

リーケはヘルシンキで最初にローカル・デザイナーに焦点を当てたセレクト・ショップ。ツアーの最終地点を(そういう意味では)最初に始まったところで終わらせるというのは気が利いているでしょう!?リーケがセレクトするブランドはヴァイニオ・セイトソネン、ハークシルオト、ダスティー(やっと男性のファッションもあった!)、そしてタンペレ出身のスペルムカヴァなど。

お腹がすいてきたら、すぐそばにはキッチというオーガニックフードのレストランへ。インテリアもリサイクル家具でコーディネイトされていて、とてもリラックスできるはずです。

Liike, Yrjönkatu 25

If you feel that content you own is misused here, please tell us: info@nopsatravels.com.