アムパーバスで行こう!フィスカルス博物館オノマの展覧会とショップキヴィヤルビ湖の周りボリビュトレースケト湖周辺の散歩

フィスカルスで週末を過ごしてみてはいかがですか?フィスカルス村はヘルシンキから西へ100キロ。森林を散策したり、デザイン、アートの展覧会をチェックしてみたり。昔、製鉄所として栄えた村の面影を感じながらフィンランドの田舎を満喫してみては。フィスカルス村の名前は鋏のメーカーとして有名ですが、現在では現代アートやクラフト作家たちがコミュニティとして活動し、落ち着いた雰囲気ながらも活気のある集落を形成しています。夏は特に毎月第一日曜日合わせて行くのがおすすめです。なぜなら月に一回しか開いていない赤十字によるフリーマーケットが催されるから。フィスカルシンティエ(Fiskarsintie)とマルコルミンティエ(Malcolmintie)の角にある古い納屋を改装した建物で開かれます。

アムパーバスで行こう!

ヘルシンキから行くのなら、ノプサはヴォルター・アムパーのバスで行くことをおすすめします。モダンな感じの速いバスではなく、レトロな雰囲気の素敵なバスが郊外への小旅行を盛り上げます。バスは金曜日の午後4:10にカンッピのバスターミナルを出発し、直接フィスカルス村へ。そして月曜日の朝出発のアムパーバスは行きと同様、ヘルシンキのカンッピまで戻ります。
(その他の日は行き帰り共にカルヤーでの乗り換えが必要となります。)

スケジュールに縛られない気ままな小旅行がお好きなら、電車で行くのもおすすめです。ヘルシンキ中央駅からカルヤーへは特急で一時間ほど。カルヤー駅からフィスカルスまではタクシーで行きます。

(Volter Amper)

フィスカルス博物館

フィスカルス博物館はこの地域の文化や歴史を紹介する小さくてかわいらしい博物館。1800年代から1940年代まで製鉄所で働いていた人々の仕事や日常の暮らしにまつわるものが展示されています。隣のスラッグビュッグナデンという建物の中では様々なテーマによる特別展示が行われます。クリスマスをフィスカルスで過ごすのなら、スラッグビュッグナデンのクリマス展示をお見逃しなく!

Fiskars museum, Peltorivi 9, Fiskars. 営業時間:5月1日~9月30日と11月27日~1月13日 土・日 午前11:00~午後4:00。それ以外の土曜日 午前11:00~午後4:00。

オノマの展覧会とショップ

”オノマ” (フィスカルスのクラフトマン、デザイナーとアーティストの協力組合)は1年中、 Kuparipaja(銅器製所)と Makasiini (穀倉)でアート/デザインの展覧会を催しています。いろいろなテーマでいつも面白い展示が行われています。

オノマデザインショップとレストランもKuparipaja(銅器製所)にあります。

キヴィヤルビ湖の周り

キヴィヤルビ湖の周りの小道を散策しましょう!1年を通してきれいな景色が楽しめます。フィスカルスのメイン通り、フィスカルシンティエ( Fiskarsintie )からイソンキスコンティエ(Isonkiskontie)に曲がって、道が二つに別れる所まで歩きます。そして、イソンキスコンティエとコンカクッムンティエ(Konkakummuntie)に道が分かれる所で、右のイソンキスコンティエをさらに歩き続けるとすぐ左側の木々の後ろに湖が見えてきます。次の交差点のすぐ後、道の左側に湖のほとりにつながる小道があり、1キロくらい歩くと山の背に着きます。右側にフラックショ湖(Fläcksjö)が見えます。途中、別れ道がありますが、ずっと左側を選んで行くと迷子になりません!湖を時計回りと反対に行くと最後に小さなビーチに着きます。戻り道はメランデリンティエ(Melanderintie)を歩いて行くとイソンキスコンティエとフィスカルスの中心に辿り着きます。フィスカルスに生息する木の種類につての案内板があるので忘れずにチェックしてみて!

(Fiskars Village Tree Species Path)

ボリビュトレースケト湖周辺の散歩

ボリビュトレースケト湖(Borgbyträsket)の岸辺はもう一つのきれいなお散歩ルート。フィスカルシンティエを南の方に歩くとこのルートが始まります。ワルツフーセトホテル(Wärdshuset)のすぐ後、左にあるスクルンティエ(Skuruntie)を進みます。

イソカルタノンティエ(Isokartanontie)の交差点で戻ってもいいし、もし違う道を通って戻りたい場合は、トゥルンティエ(Turuntie)を歩いてフィスカルシンティエまで戻ります。また、湖の反対を通って村の中心まで戻ることも出来ます。

If you feel that content you own is misused here, please tell us: info@nopsatravels.com.